揉み返しには良いケースもある

揉み返しとは

筋肉痛に似た痛みで、マッサージなど行って翌日または数時間後に痛くなること。
 
原因は諸説あり、筋肉の繊維を痛めてしまっているという説や、筋肉の緊張が強まっている事が原因だという説もあります。

悪い揉み返しと良い揉み返しがある

マッサージ店へ行った後揉み返しが起きてしまったら、『あそこの店は下手くそだ』と思う人が大半だと思います。
 
しかしこれはマッサージを受けた場合高確率で起こるもので、それが良いのか悪いのかは揉み返しが起こった後の状態で分かるものです。

悪い揉み返し
・痛みが長時間続く
・痛みが引いた後、施術前と状態が変わらない(楽になっていない)
良い揉み返し
・痛みが直ぐ引く
・施術前より状態が良くなっている

自分の痛みがどちらの揉み返しなのか判断してから、そのお店にもう一度行くか行かないか決めましょう。

良い揉み返しの正体は好転反応

マッサージを受けたのに何故痛みを伴うのでしょうか。
 
先ほど書いた良い揉み返しは施術後良くなる事とお伝えしましたが、良くなるための通過点で起こるのが揉み返しで、それを好転反応と言います。
 

どのようなメカニズムかと言うと・・・

マッサージにより血行が良くなり、老廃物等の代謝物質が出てくる

その代謝物質が痛みを生みますが、その時筋肉は疲労回復して柔らかい状態になる

その後代謝物質は流れて行き、筋肉が柔らかい状態(施術前より良い状態)だけが残る

揉み返しの対処法は様々

悪い揉み返しの場合も良い揉み返しの場合も、原因は様々なので対処法も多岐にわたります。
 
例えば神経の興奮の場合は温めるのが良いとされていますが、それが炎症だった場合逆に冷やさなければいけません。
 
こればっかりは症状をみないとわかりませんので、もし自分で対応するときは慎重に選びましょう。
 
何も対応しなくて済むのならそれに越したことはありませんが、我慢できない時は自分でしっかり調べるか、信頼できる先生にみてもらいましょう。

揉み返しの症状も多くある

筋肉痛のような揉み返しが一般的とされていますが、他にも色々な症状があります。
 
頭痛
体がだるい・重い
眠気
のどの渇き
鼻水が出る
下痢・便秘
発汗・発疹 etc…

 
マッサージの後このような症状が出た場合、原因は揉み返しの可能性が高いです。
 
良い揉み返しの場合、症状は短く終わりますので『あぁ、揉み返しが原因なんだな』と受け入れましょう。
 
原因を知っていれば『何か病気なんじゃ・・・?』と疑わずに安心できますね。